メイクブラシをつかってみよう

メイクブラシでさらに魅力的に

ブラシの正しい収納方法

子供02高品質なメイクブラシは正しく収納しておけば、寿命を長く保つことがで

きます。逆に間違った方法で保管すれば、毛を痛めたりぼさぼさになって

しまい美しくメイクアップ用品を肌に乗せることが出来なくなります。

まず、天然毛のブラシにとって直射日光は大敵です。日光が当たりすぎると、

毛が痛み、ブラシの寿命を縮めてしまいます。ブラシは必ず直射日光の当た

らない場所に保管しましょう。

一番ブラシにとって理想的な保管方法はブラシを寝かせた状態にしておくこと

です。メイクボックスや箱の中に、ブラシ同士が重ならないように、スペース

に余裕を持たせて保管しましょう。ブラシ同士がぶつかったり圧迫されていた

りすると、毛先が痛みます。また、癖がついたり逆毛になったりすることも

あります。毛に癖がついたブラシでは、美しいメイクアップをすることがで

きません。スタンドに立てた状態でしまっておく事も可能です。その方が手

軽ですし、使うときに取り出しやすく便利です。その場合は埃がつかないよ

うに、ふたのあるスタンドに入れることをおすすめします。

ブラシを保管するまえに、手の甲などにはたきつけて粉を落としておくとメイ

クブラシを良い状態に保つことができます。また、残っている粉の分量が多い

ときには、ティッシュで軽く拭き取っておくと良いでしょう。

コメントを受け付けておりません。