メイクブラシをつかってみよう

メイクブラシでさらに魅力的に

馬毛の特徴 馬毛の特徴 はコメントを受け付けていません。

お化粧をする時に欠かせないメイクブラシ。チークやハイライトを入れる時は

ブラシを使ってメイクをした方が明らかに綺麗に仕上がります。馬毛で出来た

ブラシは主にタンパク質でできており、シッポの毛や足毛が主に使われています。

肌触りがとても良く、肌に当たった時の感触がさらりと気持ちがいいと言われて

います。中でもポニーの毛は柔らかく肌を傷つけないのが魅力でとくに高価です。

馬の毛は柔らかく傷がつかない事から歯ブラシやヘアブラシなどにもよく使われ

ています、メイクブラシは肌に直接触れるものですから、やはり皮膚にも負担が

なく柔らかいものがいいと思います。

肌触りで言うと、人工毛より天然毛の方がいいのは明らかですが、人工毛は価格

もお手頃ですし使用した後も洗ってお手入れがしやすいという利点があるので、

こだわらなければ人工毛でも十分という人もいます。天然毛に関しては、頻繁に

洗うと、抜けてしまったり毛が荒れてしまう事が考えられるので、毎回しっかり

洗いたいという方には、あまりお勧めできません。

しかし、毎日使うお化粧道具ですから、自分なりにこだわりを持ったお気に入り

を使いたいと思います、お化粧する時の気分も変わってくる事でしょう。

イタチ毛の特徴 イタチ毛の特徴 はコメントを受け付けていません。

美容においてメイクなどを施す時に、チークなどをぼかしたり、化粧を肌にムラ無く広げたりする為に使う道具として化粧筆があります。
化粧筆には天然毛と人工毛があり、それぞれに特徴があります。
人工毛は化学繊維をベースに作られている物であり、量産しやすいというメリットがあります。
製品によって性能に違いがありますが、近年ではナノ繊維を採用することで天然毛レベルの毛質を実現している製品も存在してます。天然毛には、リスやイタチなどの動物の体毛が使用されており、イタチ毛はよく使われています。
イタチの種類としては、ウィーゼルやコリンスキーやパーミーなどが主に使われており、きめ細かい仕上がりが出来る高級化粧筆に採用されるケースが多いです。
どの化粧筆を使うかは使用者の肌の状態と使う化粧品によって変わってきます。
ムラを出さずに全体的に万遍なく化粧を塗りたい場合には、ナノ繊維の化粧筆や天然毛の化粧筆が最適です。
また、使用用途によって化粧筆の大きさに違いがあります。
頬などの広い場所には大き目の化粧筆を使ったり、細かい部分に化粧を塗ったり、仕上げていったりする場合には細めの化粧筆を使ったりというように、化粧を塗る場所によって使い分けていきます。

山羊毛の特徴 山羊毛の特徴 はコメントを受け付けていません。

赤ちゃん14化粧筆の毛質はメイクの仕上がりに影響があり、同じ粉であっても含み方や広

がり方、きめの細かさなど見た目に大きな差がでます。人工毛は肌へのあたり

が強く、角質を傷つける可能性があります。動物の天然毛は毛穴にうまくパウ

ダーをフィットさせるうえ、皮脂や潤いを取すぎる心配がありません。中では

リスの毛が最高級であり、柔らかさも一番ですが毛足が短いので使える場所が

限られます。山羊毛は、ボリュームがあり色がのりやすいのが特徴で、中でも

あごなどの細く柔軟な原毛を材料に使った粗光峰は、適度な弾力がありながら

パウダーの含みがよく、チークなどの広めの範囲のぼかしから、アイシャドウ

のような細かい作業まで、毛の量及び長さを変える事で対応できる万能タイプ

です。より微妙なシェードを出す場合や、肌の弱い人は粗光峰の中でも特に柔

らかい毛だけを選別して筆にした細長峰であれば、毛先があたった時に刺激を

感じなくてすみ、その上マッサージ効果も期待できます。黄尖は背の側面の毛

でフィット感が高く、洗顔ブラシやリキッドファンデーション用途にまで幅広

く使えます。これに粗光峰をプラスし、しなやかで吸い付くようなさばきと毛足

の長い贅沢感の両方を同時に感じられるのが白黄尖です。

リス毛の特徴 リス毛の特徴 はコメントを受け付けていません。

さまざまな毛質がある化粧ブラシですが、中でも、キメが細かく、ムラなく仕上が

ると注目をされているのがリス毛です。粉浮きせずに、ナチュラルな質感を演出

することができます。リスの中でも、灰リスと呼ばれているものは、最も美しく

上がるとされています。毛の特徴としては、根元から毛先までは、しなやかな状

態になっているため、ヨレをふせぐことができる仕様になっています。また、

筆圧が少ないため、肌に当てたときにやわらかく、ソフトな肌触りという特徴

があります。毛先が細いことから、お肌への密着度も高く、アイシャドーなども

発色も良くなります。使い方も簡単で、軽くなでるように使うだけで、今までの

メイクに差がでてきます。何度も肌に密着させる必要もないことから、お肌への

摩擦ダメージもさけることができ、肌トラブルの回避にもなります。その他、カ

ナダリスは、灰リスに比べると毛が短いため、コントロールしやすく、ハイライ

トやアイシャドーに向いています。また、松リスは、やわらかく毛先が繊細なた

め、アイシャドウなどのぼかし仕上げに適しています。チークにも使える場合が

あります。ブラシは、使用したらきれいに水洗いをし、リンスなどですすいで

清潔に保つことがポイントです。

天然毛と人工毛、どんな違いがある? 天然毛と人工毛、どんな違いがある? はコメントを受け付けていません。

ミネラルファンデーションは粉タイプのチーク、アイシャドウなどを使用する

際に使用するコスメ用ブラシがありますが、メイクの仕上がりを左右する重要

なアイテムの一つであるため、最初に購入する時は後々後悔しないように充分

下調べをするのがおすすめです。}PgžxQ

大きく分けると天然毛と人工毛の二種類がありますが、それぞれ得意とする用途

やお手入れ方法が大きく異なります。

まずリスや山羊などの動物の毛で作られたメイクブラシは、パウダー類が非常に

なじみやすく、粉が満遍なく肌に乗るところが多くの女性達に支持されている

ポイントです。柔らかい動物の毛は肌触りもよく、肌への負担を極力減らして

くれます。しかしお手入れがやや面倒で、毛に油分が含まれているため極力洗

わなくてもすむように、日ごろからメイクの後はきちんとティッシュなどで汚

れをオフする習慣が必要で、洗うときは純石鹸などで丁寧に洗って乾かした後

に油を補う必要があります。

一方人工毛のほうは、使用感は天然ものに劣りますが、汚れが気になったとき

は純石鹸はもちろん中性洗剤などでも気軽に洗うことが出来るため、あまりお

手入れに注意を払う必要がありません。

どちらもメリット・デメリットに違いがあるため、自分の用途や性格に応じて

選ぶと良いでしょう。

ブラシの正しい収納方法 ブラシの正しい収納方法 はコメントを受け付けていません。

子供02高品質なメイクブラシは正しく収納しておけば、寿命を長く保つことがで

きます。逆に間違った方法で保管すれば、毛を痛めたりぼさぼさになって

しまい美しくメイクアップ用品を肌に乗せることが出来なくなります。

まず、天然毛のブラシにとって直射日光は大敵です。日光が当たりすぎると、

毛が痛み、ブラシの寿命を縮めてしまいます。ブラシは必ず直射日光の当た

らない場所に保管しましょう。

一番ブラシにとって理想的な保管方法はブラシを寝かせた状態にしておくこと

です。メイクボックスや箱の中に、ブラシ同士が重ならないように、スペース

に余裕を持たせて保管しましょう。ブラシ同士がぶつかったり圧迫されていた

りすると、毛先が痛みます。また、癖がついたり逆毛になったりすることも

あります。毛に癖がついたブラシでは、美しいメイクアップをすることがで

きません。スタンドに立てた状態でしまっておく事も可能です。その方が手

軽ですし、使うときに取り出しやすく便利です。その場合は埃がつかないよ

うに、ふたのあるスタンドに入れることをおすすめします。

ブラシを保管するまえに、手の甲などにはたきつけて粉を落としておくとメイ

クブラシを良い状態に保つことができます。また、残っている粉の分量が多い

ときには、ティッシュで軽く拭き取っておくと良いでしょう。

使ったブラシの正しい洗い方 使ったブラシの正しい洗い方 はコメントを受け付けていません。

毎日使うメイクブラシは汚れも気になりますよね。汚れがひどい時は石鹸で洗ってすっきりさせましょう。でも間違った方法で洗っていると大切なブラシを傷めてしまうことにもなりかねません。そこで正しい洗い方を紹介したいと思います。

用意するもの
・くし(頭髪用)
・ぬるま湯
・固形石鹸
・ツバキ油
・清潔なタオル

①ブラッシングする
 くしを使ってブラシを根元から毛先へ向かってやさしくブラッシングします。
②ブラシにお湯を含ませる
 洗面器にたっぷりのお湯をはり、ブラシを揺らしながらお湯で洗います。
③石鹸をつける
 石鹸の表面をやさしくなでるようにしてブラシに含ませ、泡ごと根元から毛先に向かってしごくようにして、汚れをかき出します。
④石鹸を流す
 再びぬるま湯を洗面器にはり、ブラシを揺らしながら石鹸を洗い流します。ぬるま湯が透明になるまで、お湯をかえながら根気よく洗いましょう。よく洗い流した後、根元から毛先へしごいて水気をきります。
⑤油分を補う
 手に一滴ツバキ油をとり、手のひらになじませます。その手でやさしくブラシを何度もなでましょう。こうすると洗い上がりのブラシがツヤツヤになりますよ。
⑥乾燥させる
 タオルに挟んで水気をとり、くしで形を整えます。毛先を下に向けてつるし、日陰で乾燥させましょう。水気が残っていると雑菌が繁殖しやすくなるので、最低3日は乾燥させてください。

メイクブラシの正しいお手入れ方法をマスターして、長く大切に使いましょう。
 

ブラシの毎日のお手入れ方法 ブラシの毎日のお手入れ方法 はコメントを受け付けていません。

毎日使用するメイクブラシの毛先には、コスメ成分だけではなく汗や皮脂、

老廃物などがついています。人間の汗や皮脂、老廃物は空気に触れると酸化

してしまいます。お手入れを怠った道具を使用すると、老廃物などを顔につ

けているようなものなので、ニキビなどの肌トラブルの原因の一つになった

り、放っておくと雑菌が繁殖してしまいます。

メイクブラシの手入れは、天然毛のブラシは毛が劣化することを考えて、

一週間に一度ですが、人工毛の場合は、毎日しても大丈夫です。

手入れの方法は、中性洗剤か専用クレンジングをぬるま湯に溶かし、その中

でブラシを振って洗います。専用クレンジングにはブラシの毛を保護する成分

が含まれているので、ブラシが傷みにくいです。中性洗剤は、汚れが落ちます

が、毛がパサパサになりやすいので、洗剤を入れすぎないように注意すること

が必要です。

洗ったブラシは毛を整えてから、筆先を下にして洗濯バサミで干すか、清潔な

タオルの上に並べて風通しのいい場所で乾かします。また、毎日メイクをした後

は、ティッシュでメイクブラシを軽く拭き取っておくことが重要です。

唇の粘膜に触れるリップブラシは、特に汚れやすいので、使用後には少量の美容

オイルで毛先の汚れを溶かしてティッシュで拭き取れば、洗わなくても大丈夫です。

チークブラシやフェイスブラシなどの大きなブラシは、使用後にティッシュなどで

付着した粉を落としておくことによって、清潔を保てます。